全国どんなところにも水道管が伸び、蛇口をひねりさえすればいつでも水を出すことができる現代、水道管の工事のたびに断水を行なうことは難しくなっています。そのため、水を止めることなく施工できる工法というのが一般的になってきました。不断水工法です。不断水工法には、枝管の取り出しを行なう分岐工法・本管切断部に仕切弁やストレーナーを挿入するインサーテイング工法とがあります。

機械的に止水する方法や凍結工法というのもあります。昭和34年頃に割T字管が開発されたことから始まったのです。上下水道共に行なうことができ、細い家庭用の管から工場などに組み込まれる太い水道管まであらゆるものに対応することが可能となっています。不断水工法により水の流れをまったく止めることがなく工事が行なうことができるようになり、各家庭はもちろん医療施設やさまざまな産業においても支障をきたす心配がなくなりました。

断水に備えて水の汲み置きや給水車の手配も不要となっています。一度水を止めたら、工事の後に管内を清掃しなければなりませんでしたがその必要がなくなりました。水を止めないので工事前後に赤水が発生する心配もありません。今や、都心部を中心に不断水工法は当たり前になっています。

まったくといってよいほど断水は起こっていない状況なのです。水は我々の生活に欠かすことのできない存在です。だからこそ、その流れをまったく止めることのない不断水工法は工事に必要不可欠なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です